さんいん散歩
気ままに神社仏閣やパワースポットと食のお店を散歩します♪
葬儀やお墓の疑問

「一日葬」とは?その疑問に簡単にお答えします。

 

 

「一日葬」とは?その疑問に簡単にお答えします。

 

一日葬って何?あまり聞いたことないけど直葬や家族葬とどう違う?など疑問に思う方もいらっしゃるかと思います。そんな方の疑問に簡単にお答えします。

ご参考になれば幸いです。

 

 

一日葬とは?

 

一日葬とは、通常は二日間かけて行うお葬式を、一日間に省略し、葬儀・告別式のみを行う形式のお葬式をいいます。直葬よりも丁寧に、一般葬よりも負担なくお別れができるお葬式です。最近では少子化、核家族化が進み、それに伴い全体的に葬儀の規模の縮小化も進んでいるため注目を集めています。

 

 

一日葬が選ばれる理由は?

 

<一日葬が選ばれる理由>

  • 一般葬に比べ費用が抑えられる

一日葬ではお通夜を行わないことと、通夜振る舞い等の飲食がなくなるので費用を抑えることができます。

  • 遺族、親族の負担が少ない

お通夜の準備、お通夜参列者への対応等が不要で拘束時間も短くなるので遺族親族の負担が軽減されます。

 


一日葬のデメリットは?

 

<一日葬のデメリット>

  • 親族や菩提寺からの苦情や反対

遺族全員の希望の葬式ではないことがあります。仏教の本来の考え方や習慣には沿っていない葬儀形式となるので苦情や反対が出る場合があります。

  • 後日、弔問対応に追われる場合がある

小規模で参列者を制限するので参列できなかった方が弔問に訪れ、その対応に追われる場合があります。

  • 香典が少ない

参列者が少なくなる分香典も少なくなります。

 

 

一日葬の流れは?

 

<一日葬の流れ>

  1. 遺体の搬送  葬儀社又は搬送業者に連絡してご遺体を搬送します
  2. 遺体の安置  葬儀社や自宅に安置しますが、火葬場の空き状況により日数が変化します
  3. 納棺     棺にご遺体を納めます
  4. 葬儀・告別式 僧侶による読経後、遺族、近親者で焼香を行い葬儀が終了
  5. 火葬
  6. お骨上げ   お骨を骨壺に納めて、自宅に持ち帰り終了となります

※初七日法要をされる場合もあります。

後日、お骨は、「お墓に収める」「永代供養にする」「散骨、樹木葬」にする必要があります。

 

 

一日葬の相場は?

 

一日葬の費用相場は、全国平均で70万円程度ですが、大体50万円~100万円ぐらいではないでしょうか。

 

 

直葬や家族葬との違いは?

 

<直葬と家族葬との違い>

  • 直葬   通夜や葬儀、告別式を行わず火葬のみを行う形式で費用が最も低い
  • 家族葬  家族、親族、親しい友人などで小規模に行うお葬式(通夜、葬儀)
  • 一日葬  通夜を省いたお葬式で費用は家族葬とあまり変わらない場合もある

 

 

一日葬まとめ

 

一日葬とはいえ、告別式、火葬などにかかる時間や流れは一般葬と同じです。そして法律上臨終から24時間は火葬ができないため、一日葬であっても、すぐに葬儀や火葬をすることはできません。しかし一般葬に比べて時間と負担を軽減することが出来ます。したがって、時間を短縮し、費用も抑えたいが一般の弔問客もお呼びしたい、このような方におすすめです。

 

以上、「一日葬」とは?その疑問に簡単にお答えします。」でした。

ご参考になれば幸いです。

ありがとうございました。。。

 

 







回収業者を呼ぶ前に。大切な故人の遺品、適正価格で買い取ります。
遺品整理で出てきたお品物の買い取りならバイセルがおすすめ。




 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です