さんいん散歩
気ままに神社仏閣やパワースポットと食のお店を散歩します♪
おもしろワクワクな人々

超絶ボクサー「井上尚弥」とは?

 

 

超絶ボクサー「井上尚弥」とは?

 

本日は、みなさんご存じの方も多いと思いますが、モンスター井上尚弥さんをご紹介したいと思います。それは彼の本当の凄さがまだ伝わっていないのでは?と思っているからです。とにかくめちゃくちゃすごい人です。日本ボクシング史上最強にして最高傑作と言われる、日本が誇るボクシングのスーパーチャンピオン「井上尚弥」さんを、さらに知っていただきたくご紹介したいと思います。今後、日本でこの人を超えるチャンピオンが出てくるのか?というくらいすごくワクワクする方です。

ご参考になれば幸いです。

 

 

生きる伝説「井上尚弥」とは?

 

井上尚弥さんは、1993年神奈川県に生まれます。小学校1年生の時、父の教えでボクシングを始め、中学の時に全国U-15大会で最優秀選手を受賞。高校1年生で、インターハイ・国体・選抜において3冠を達成。その後、高校生初のアマチュア7冠を達成します。ここまででも素晴らしいですよね。

そして2012年にロンドンオリンピック予選会も兼ねたアジア選手権に出場し決勝で惜しくも判定負け、銀メダルに終わり同年、大橋ジムに入門しプロ転向を発表します。この時の契約書の内容が「強い奴としか戦わない」。相手を選んで戦う方もいる中、しびれますよね。

プロデビューして4戦目で日本タイトルを、5戦目で東洋太平洋タイトルを、そして6戦目であっさりと世界タイトルを獲得しちゃいます。いずれも最速最短の記録です。といっても本人曰く、6戦目の世界タイトルマッチが一番きつい戦いだったと振り返っています。でもそれは相手の強さではなく井上尚弥さんのコンディションの問題だったようです。試合前にインフルエンザにかかるなど体調は最悪でプレッシャーのかかる、そんな中でもチャンピオン、最低でも王座を獲得するところが、その後の「モンスター」の凄さを物語っているようです。

その後の7戦目で王座を防衛しベルトを返上、階級を上げ8戦目でWBO世界スーパーフライ級王者オマール・ナルバエスに挑み2階級制覇達成。この8戦目に挑戦したチャンピオンがとても強い選手で、パンチで一度も倒れたことがなく、プロ・アマ通じて150戦超のキャリアがあり、世界チャンピオンを16連続防衛中というすごい対戦相手でしたが。異次元の強さを見せつけた井上尚弥さんは、チャンピオンから4度のダウンを奪い、2回KO勝ちで2階級制覇を達成します。相手陣営からグローブに何か仕込まれているとクレームをつけられるほどの強さを見せつけてくれました。

名チャンピオンを倒した井上尚弥さんは、その後、数々の強豪を倒し7度の防衛に成功します。そしてさらに階級を上げ、3階級制覇に向けベルトを返上し、2018年5月WBA世界バンタム級王者ジェイミー・マクドネルに挑み、1回TKO勝ちで圧倒的強さを見せ3階級制覇を達成します。ここで思い返してほしいのですが、階級を上げチャンピオンに挑む度、圧倒的強さで早い回に倒している事を。普通、強者同士の試合とは、フルラウンド戦い判定で勝つというパターンが普通なのです。3階級制覇も素晴らしいのですが、圧倒的に勝つ、ここが普通のチャンピオンと違う所です。

そしてこの試合に勝つことでWorld Boxing Super Seriesワールドボクシングスーパーシリーズへの参戦が決まります。略してWBSSですが、WBSSとは、まさに天下一武道会。各団体のチャンピオンや上位ランカーがトーナメントで戦いトップオブトップを決めるという夢のような戦いです。そのWBSSに出場した井上尚弥さんは、見事優勝を決めます。これがいかにすごい事か、お分かりになるでしょうか?とてつもないことなんです。

WBSS準決勝までは、圧倒的な強さで勝ち上がってきた井上尚弥さんですが、決勝では、これまた名チャンピオンの世界5階級制覇王者ノニト・ドネアと激突します。この試合で井上尚弥さんは、プロになって初めて右目をカットします。早い回でカットしてしまいかなりの苦戦、もしくは並のボクサーなら敗戦まで見えた展開でしたが、やはりモンスター普通のチャンピオンではありません。苦しい展開にも悲壮感などまるでなく、逆に試合を楽しむかのように、まさに柔剛織り交ぜた巧みな試合を展開し、あと一歩でKOとまで追い詰めます。結果、判定で勝利しWBSS優勝。そして名勝負となったこの試合は各紙で年間最高試合に選出されました。

偉業を達成し、生きる伝説となった井上尚弥さんですが、ここで終わりではありません。ここからがスタートなのです。彼は、次なる目標「バンタム級での4団体統一」を目指し日々トレーニングに励んでいる事でしょう。

メンタルがとても強く、人間性も素晴らしい井上尚弥さんのワクワクドキドキな試合が楽しみで仕方ありません。次の試合が待ち遠しいですね。

 

「井上尚弥」戦績

 

この戦績を見ていただくと分かるように初期の3試合以外は、すべてタイトルマッチです。

プロボクシング戦歴:19戦 19勝 (16KO) 無敗 (2020年4月現在)

2012/10/02 ○4RKO クリソン・オマヤオ(比)

2013/01/05 ○1RKO ガオフラチャーン・チューワッタナ(タイ)

2013/04/16 ○10RTKO 佐野 友樹(松田)

2013/08/25 ○10R判定 田口 良一(ワタナベ) 日本ライトフライ級王座獲得     

2013/12/06 ○5RTKO ヘルソン・マンシオ(比)東洋太平洋ライトフライ級王座獲得 

2014/04/06 ○6RTKO アドリアン・エルナンデス(メキシコ)WBC世界ライトフライ級王座獲得

2014/09/05 ○11RTKO サマートレック・ゴーキャットジム(タイ)王座防衛① 

2014/12/30 ○2RKO オマール・ナルバエス(亜)WBO世界スーパーフライ級王座獲得2階級制覇

2015/12/29 ○2RTKO ワルリト・パレナス(比)WBO王座防衛①          

2016/05/08 ○12R判定 ダビド・カルモナ(メキシコ)WBO王座防衛②      

2016/09/04 ○10RKO ペッチバンボーン・ゴーキャットジム(タイ)WBO王座防衛③ 

2016/12/30  ○6RTKO 河野 公平(ワタナベ)WBO王座防衛④             

2017/05/21 ○3RKO リカルド・ロドリゲス(米)WBO王座防衛⑤            

2017/09/09 ○6R棄権 アントニオ・ニエベス(米)WBO王座防衛⑥        

2017/12/30 ○3RTKO ヨアン・ボワイヨ(仏)WBO王座防衛⑦           

2018/05/25 ○1RTKO ジェイミー・マクドネル(英)WBA世界バンタム級王座獲得3階級制覇                                             

2018/10/07 ○1RKO フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)WBA王座防衛①  

2019/05/18 ○2RKO エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)WBA王座防衛②、IBF世界バンタム級王座獲得 

2019/11/07 ○12R判定 ノニト・ドネア(比)WBA王座防衛③、WBA世界バンタム級スーパー王座獲得、IBF王座防衛①、WBSSバンタム級優勝

 

 

 

以上、超絶ボクサー「井上尚弥」とは?でした。

ご参考になれば幸いです。

ありがとうございました。。。

 

 


勝ちスイッチ [ 井上尚弥 ]


最強モンスター井上尚弥はこうして作った 5人の世界チャンピオンを育てた大橋流マネジメント術 / 大橋秀行 【本】

 


【中古】 怪物 /中村航(著者),井上尚弥(著者) 【中古】afb



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です