さんいん散歩
気ままに神社仏閣やパワースポットと食のお店を散歩します♪
DIY&生活便利帳

コロナ対策「消毒液の作り方」をご紹介します。

 

 

コロナ対策「消毒液の作り方」をご紹介します。

 

現在、アルコール消毒液などが店頭から不足しています。そんな中、自分で手軽に消毒液が作れたら便利ですよね。ここでは、その消毒液の作り方をご紹介させていただきます。

ご参考になれば幸いです。

 

 

消毒液の作り方

 

まず、ご用意いただきたいのが、キッチン用の漂白剤500㎖のペットボトルゴム手袋です。私が使用したのは、ダイソーの”キッチンブリーチ”という商品です。

作り方は簡単です。

作り方の手順

  1. ペットボトルに「消毒液」と書く(マジックで書いたりラベルを張るなど)
  2. ペットボトルに水を入れる
  3. ゴム手袋をする
  4. 水500㎖に対して漂白剤をペットボトルのキャップ1杯入れる

 

 

消毒液の使い方

 

消毒液の使い方は、布巾などの布に液をしっかり含ませ、絞ってから拭いて使います。

<消毒するポイント>

  • ドアノブや取っ手
  • 照明などのスイッチ類
  • 手すり
  • 蛇口
  • トイレ
  • リモコン
  • その他、手で触れる場所

消毒した後は、水拭きします。特に金属製品などは丁寧に水拭きしましょう。表面が腐食する可能性があります。

 

 

消毒液の注意点

 

以下の点に注意しましょう。

  • 手や指の消毒に使わない 
  • 使用時にはゴム手袋をする
  • 換気をする
  • 誤飲防止に気を付ける(目印やラベルを張るなど)
  • 酸性の洗剤と混ぜない
  • 液で拭いた後は、水拭きする
  • 衣類などに付かないようにする

 

 

その他のコロナ対策

 

手などの除菌には、アルコール等を使われると思いますが、店頭品薄で手に入らない状況があります。そんな時、何よりいいのが、こまめな手洗いです。それと目からもウイルスが入りやすいということで、こまめに目薬を差すのも効果があると思います。

 

 

以上、コロナ対策「消毒液の作り方」をご紹介します。でした。

ご参考になれば幸いです。

ありがとうございました。。。

 



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です