さんいん散歩
気ままに神社仏閣やパワースポットと食のお店を散歩します♪
神社やお寺の疑問

出雲大社の神さま「大国主命」とは?その疑問に簡単にお答えします。

 



出雲大社の神さま「大国主命」とは?その疑問に簡単にお答えします。

 

大国主命(おおくにぬしのみこと)は、天照大御神(あまてらすおおみかみ)、素戔嗚尊(すさのおのみこと)に並ぶ有名な神さまで、一度は聞かれたことがあるかと思います。でもどんな神さま?と詳しく知らないという方に、簡単にお答えします。

ご参考になれば幸いです。

 

 

大国主命(おおくにぬしのみこと)とは?

 

大国主命とは、日本神話に出てくる神さまで、素戔嗚尊の6代後の子孫であり、義理の息子でもあります。日本の国造りをし礎(いしずえ)を築いた神さまです。

最終的に天照大御神に現実界である葦原中国(あしはらのなかつくに)「国譲り」して、幽冥界(見えない世界)を司る神さま「幽冥主宰大神 」(かくりごとしろしめすおおかみ)になります。

大国主命(別称)= 大国主神、大穴牟遅神、大己貴命(おおなむちのみこと)、大物主神(おおものぬしのかみ)他 

「大黒さん」としても親しまれています。

 

 

因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)

 

隠岐(おき)の島に住んでいた白兎が、和邇(ワニ)をだまして本土に渡ろうとするのですが、だまされたことに気付いたワニに毛皮をはぎ取られ苦しんでいるところを大国主命に助けられるというお話です。このお話から大国主命は、「医療の神」とも呼ばれています。

この時、大国主命は、八十神(兄弟神)達と八上比売(やかみひめ)への求婚する旅の途中でした。さんざん兄弟達にいじめられるのですが最終的に八上比売が選んだのは、大国主命でした。

さらにそれを逆恨みした八十神は、何度も大国主命を襲います。この状況を見て嘆いた母神が根の国(黄泉の国)にいる素戔嗚尊のところへ逃がします。

 

素戔嗚尊との出会い

 

母神の進言により根の国に来た大国主命は、素戔嗚尊に出会いその娘の須勢理毘売(スセリビメ)に一目惚れしてしまいます。

そこで素戔嗚尊は、自分の娘婿にふさわしいかどうか、様々な試練を与えます。様々な試練を乗り越え成長した大国主命は、須勢理毘売を連れて駆け落ちすることを決意します。

しかし素戔嗚尊もそう簡単には逃がしません。さらに試練は続くのですが、試練をかいくぐり駆け落ちに成功します。

しかし本当は、大国主命を認めていた素戔嗚尊は、黄泉の国の出口で大国主命に「培った武力で八十神を追い払い、わが娘を正妻とし、葦原中国(あしはらのなかつくに)を治めよ」との言葉を送ります。

 

「国譲り」

 

素戔嗚尊の言葉に従い、八十神を追い払い、少彦名命(すくなひこなのみこと)協力のもと、国造りを進めていきます。その国造りとは、人々に農業や医術を教え、生活や社会を作ることであったとされ国造りは発展していくのですが、荒れているところもたくさんありました。

そして高天原(たかまがはら)から葦原中国(あしはらのなかつくに)を見ていた天照大御神は、まだまだはびこる、荒ぶる神や邪神を見て、もっとより平和で争いのない国にするため、国の統治権を譲るよう大国主命に使者を送ります。

使者を送ってもなかなか譲ろうとしない大国主命にしびれを切らした天照大御神は、最強の神「建御雷神」(たけみかづちのかみ)を使者として送ります。

大国主命は、息子の事代主神(コトシロヌシ)と建御名方神(タケミナカタ)が了承すれば譲りますと答えます。そして二人とも了承し、大国主は葦原中国(現実界)を譲ることになりますが条件として出雲国に大きなお社を建てることと、幽冥界(見えない世界)の統治権を約束させます。

こうして出雲に大きな社が建ち、大国主は、幽冥主宰大神 (かくりごとしろしめすおおかみ)となりました。

 

以上「出雲大社の神さま「大国主命」とは?その疑問に簡単にお答えします。」でした。

ご参考になれば幸いです。

ありがとうございました。。。

 



 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です